読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scramble cadenza

技術ネタのガラクタ置き場

rbenv の plugins

ruby 小ネタ

イントロ

今使ってる rbenvplugin たち。
rbenv はこういうエコシステムが便利だから使い続けている。

最近務めている会社では流行りのようなので、私もやってみる。

plugins

% l .rbenv/plugins/
rbenv-ctags
rbenv-default-gems
rbenv-gemset
rbenv-update
ruby-build

順に紹介

rbenv-ctags

tpope/rbenv-ctags

ruby のコアライブラリにタグファイル(ctags 用)を作ってくれるやつ。 ruby のコアライブラリを追うときに便利。だが、これは vim 用のタグしか吐いてくれない。(作者が vim 使いだから?)

vim 使える人は本家を使えばいいのだけど、私は emacs しか使えないので、emacs 用のタグを吐くように、fork したものを使ってる。

mgi166/rbenv-ctags

PR 出すと vim マッチョな作者に殺されそうなのでしていない。

rbenv-default-gems

sstephenson/rbenv-default-gems

rbenv build を使って ruby を install した時に、自動で gem を install してくれるやつ。 一回入れてしまうと便利。有名。

少し変わったことといえば、mgi166/dotfilesdefault-gems ファイルをバージョン管理していて

rake install default-gems

~/.rbenv/default-gems ディレクトリにシンボリックリンクを貼ってくれるようにしたが、このメソッド、全く流行る気がしない。

% cat ~/.rbenv/default-gems
bundler
pry
pry-byebug
pry-stack_explorer
ripper-tags

デフォルトの環境汚したくないけど、汚しまくっていて、羞恥心がなくなりつつある今日この頃。

rbenv-gemset

jf/rbenv-gemset

一言で言うと rbenvrvm gemset gem を管理するやつ。bundler はプロジェクト単位で管理するけど、これは自在に namespace を作ることができる。

昔は gem 作るたびに gemset 作ってた。Gemfile 作るのめんどいけど、何か作ろうかなーって時に使う。
最近は何かやる際には gem にするつもりがなくても bundle gembundle init で頑張る場合が多く、出番が少ない。

あ、でも rails っていう gemset 作っておくと、rails new する時楽で好き。

ruby-build のように、.rbenv-gemsets ファイルの有無で gemset が決まるので、bundler共存する道はある、と思ってる。

% rbenv gemset list
1.9.3-p545:
  chef_repo
  veewee-boxes
2.1.0:
  d_parallel
  hipchat_searcher
2.1.2:
  dangerous_open_uri
  hipchat_searcher
  qiita-notify
  rails
  s3_utils
2.1.5:
  rails
2.2.1:
  rails
2.3.0-dev:
  rails

rbenv-update

rkh/rbenv-update

rbenv update コマンドで、全ての plugin を git pull してくれるやつ。 これのお陰で ruby の新しいバージョンが出るたびに、毎回

cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
git pull

しなくてよくなった。 コマンド覚えやすいから好き。

ruby-build

sstephenson/ruby-build

rbenv-build じゃなくて、ruby-build rbenv を有名にした MVP。(と思っている)

説明不要。

まとめ

ネタになると思ったけど、有名どころしか使ってない。